白く美しい歯がその日のうちに手に入ります

当院では、コンピュータ制御で補綴物を設計・作製できる機械「セレック」を導入しています。作製にあたっての歯型採りは不要。3Dカメラによって直接患者様の口腔内を撮影し、お口の中を立体画像で正確に再現し、それに合わせて精密な補綴物を設計・作製します。歯科技工士の手で作製するよりも早く、比較的安価に患者様にご提供することが可能。高品質のセラミックを原料としていますので、高い耐久性と美しさを兼ね備えた補綴物に仕上がります。

当院がセラミック治療に力を入れる理由

昨今、歯科医療は世界中の多くの研究者や臨床医によって、日進月歩で進歩しております。
そこで開発された多くの新しい材料や技術は、保険診療の範囲内で治療できません。当院では、保険診療の制約に捉われない最良の歯科医療を提供したいと考えております。

その中でも当院が力を注いでいる治療がニューセラミックス治療です。そのセラミック物性や光学性、歯との接着材料は飛躍的に進歩しております。科学的な研究で、歯のエナメル質が失われて剛性の弱くなった歯に、セラミックを接着し歯と一体化させることにより、本来の天然歯の剛性を回復できたことが報告されています。また、保険の金属の場合、小さな金属の詰め物をする程度の初期の虫歯でも、知らず知らずのうちに中で虫歯が広がり、金属自身は壊れることが少ないので脱落するまで虫歯は進行していきます。結果的に、治療を繰り返す度に天然歯質が少なくなっていくという悪循環に陥ってしまうのです。一方でセラミックの場合、万が一中で虫歯が再発した場合でも、虫歯が広がる前にセラミック自身が割れるため、再治療の際に最小限のやり直しですむこともセラミックの有利な点です。

当院で多く使用しているものは、規格生産された均一素材の高強度なガラスセラミックスブロックから削りだされるため、耐久性に優れ壊れるリスクはより低くなります。保険診療で使用されている金属やプラスチックに比べて、10年で90%近くの臨床成績があり、見た目が美しいだけでなく、予知性も高く、多くの点で優れている材料です。なお、セラミックは構成要素により透明感があり審美的色調再現性に優れたものと、透明感はないが強度が優れているものがあり、症例に応じて使い分けています。


セレックの特徴

高品質な見た目

さまざまな色調のセラミックブロックから削り出すため、患者様一人ひとりに合った補綴物のご提供が可能です。

早ければ1日の通院、最短1時間での作製が可能

これまでの補綴物作製に必要だった歯型採りが不要で、複雑な工程を必要としません。お口の状況にもよりますが、最短のケースでは約1時間で設計・加工・作製が可能で、仮歯なども不要となります。

精度の高い技工物ができあがる

これまで技工士の感覚や腕に頼りがちだった補綴物作製ですが、先端のコンピュータを利用することで時間を大幅に短縮し、どこでも安定した高い精度で技工物をご提供できます。

セレックで補綴物をつくる流れ
STEP1.金属などの詰め物・被せ物がある場合は、丁寧に取り除きます。

STEP2.専用3Dカメラでお口の中を撮影(スキャニング)します。データはすぐにコンピュータに取り込まれ、CAD/CAMによって設計されます。

STEP3.設計データに沿ったミリング・マシンでセラミックを削り出します。

STEP4.できあがったセラミック製の補綴物をお口にセットし、咬み合わせを確認します。治療時間は60分程度ですが、患者様の都合に合わせて2回に分けた治療も可能です。

Pagetop

セレックを使用した治療例紹介

クラウン(前歯)①

クラウン(前歯)①術前

※クリックすると画像が拡大します。

クラウン(前歯)②

クラウン(前歯)②術前

クラウン(前歯)②セレック

クラウン(前歯)②術後

※クリックすると画像が拡大します。

クラウン(小臼歯)

※クリックすると画像が拡大します。

インレー

※クリックすると画像が拡大します。

クラウン(臼歯)

※クリックすると画像が拡大します。

インレー&クラウン

※クリックすると画像が拡大します。

Pagetop

医療費控除やデンタルローンに関してはこちらからご覧ください

気になる銀歯を解消しましょう~審美歯科~