自分に合った入れ歯を見つけましょう

歯を失ってしまったときには、歯の機能を回復させるための補綴(ほてつ)治療を行うことになります。いくつか治療法がありますが、なかでも歴史があり、もっとも一般的な治療法が入れ歯です。

しかし、入れ歯はお口や顎に合わないと、さまざまなお悩みにつながります。

  • しっかり咬めない
  • 外れやすい
  • 見た目が目立つ
  • しゃべりにくい
  • 使用時に痛い
  • 違和感がある

お口にぴったり合ったものができれば、このような問題は生まれません。「入れ歯だから仕方ない」とあきらめず、ご自身のお口に合ったものを追求していきましょう。当院では患者様一人ひとりのお口の状況をしっかりと診て、会話や食事が楽しめる快適な入れ歯づくりのお手伝いをしています。まずは、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 高齢の方でも身体に負担をかけずにつくれる
  • どんな症例にも対応可能
  • インプラントと比較して安価
  • 治療期間が1ヶ月程度と短い
  • 取り外して自分でお手入れができる
  • 咬む力は他の治療法と比べて弱くなる
  • 慣れるまで使用時に違和感・異物感があることがある
  • 見た目に入れ歯とわかりやすいことがある
  • 周囲の歯に負担をかけることがある
  • 素材によっては割れたり壊れたりしやすい

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯づくりでは保険適用で安価なものをつくれるほか、自費で使用感にこだわったものもつくれます。保険と自費の入れ歯の特徴についてご説明します。

  保険適用でつくる入れ歯
自費でつくる入れ歯
選択肢 レジン(歯科用プラスチック)しか選べません さまざまな素材やタイプの中からご自分のお口に合ったもの、品質の高いものが選べます
費用 安価 高額
治療期間 1ヶ月程度で完成します 素材やタイプによって異なりますが、比較的作製に時間がかかります
特徴
  • 床(歯ぐきにあたる部分)が厚くなってしまい、お口の中で違和感が生じやすい
  • 咬む力が十分に発揮できない
  • 食べものの温度や味が感じにくくなる
  • 見た目が不自然である
  • 壊れやすいが修理も簡単
  • 保険の入れ歯と比較して咬む力が強い
  • 会話や食事の際に違和感がない(使用感がよい)
  • 床が薄い、軽いものもあり、食べものの温度が伝わりやすいものもある
  • 見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 耐久性が高い
  • 修理が難しいものもある

金属床義歯がおすすめです

当院でおすすめする取り扱い入れ歯が「金属床義歯」です。保険適用の入れ歯と比較したときに、床を薄くできるのが大きな特徴。保険適用の入れ歯で使い心地に不満があった方にご好評いただいています。金属床義歯では、残存歯に間違った負担をかけずに、残存組織の維持・安定を図るような設計を行います。

本来入れ歯の目的は、審美、発音、味覚などを考慮しながら、歯列と一体化させて機能回復の改善を行うことです。 欠損状態に応じた金属のフレームやバネの設計(維持装置)を自由に組み込むことができ、摩耗も起こしにくい材質で、しなやかな弾性を持ちます。バネをかける歯や残存歯によくない力が加わらず、外れにくいが取り外しやすい入れ歯を製作することが可能です。

逆に保険の入れ歯は、細い針金のバネで、残存歯に大きな負担が加わり、外れやすいことが多いです。「全身的既往により、インプラントができない」「インプラントをしたいが、本数が多くて経済的に厳しい」「外科処置が怖い」などの方は自費の金属床義歯をおすすめします。


概要 床が金属製の、薄く軽い入れ歯です
メリット
  • ほとんどの症例に対応可能
  • 熱伝導率が高く食べものの温度が感じやすい
  • レジンより汚れの付着が少なく衛生的
  • 貴金属やチタンを使えば金属アレルギーの心配が少ない
  • 頑丈で壊れにくい
  • 総入れ歯でもインプラント1本分の治療費と同程度
デメリット
  • 自費での作製となり比較的高額
  • 修理や調整が難しい
  • 金属アレルギーのある方にはおすすめできない
  • 落ちたり外れたりしやすい

Pagetop

歯を失っても取り戻せます~インプラント~