見た目だけでなく機能性も向上させる治療です

審美歯科イメージ画像

審美歯科治療とは、歯の見た目だけをただ美しくするのではなく、機能性、清掃性、構造力学的な安定、精密な適合、歯周組織になじんだ形態の歯、患者様の性別や年齢、顔や唇、周囲の歯の形や色、このようにさまざまなバランスと調和がとれているかを考慮し、自然な容貌と笑顔を得られるように治すことをいいます。

もし高価なセラミックの歯を入れて数年で歯ぐきが腫れたり、退縮(痩せて)してクラウンと自分の歯の境目が見えてきたり、歯の根の病気になったりして外さなければならなくなったとしたら、とても残念で悲しいことです。審美歯科治療を行う際には土台となる基礎の治療が重要となります。

白い歯を入れる前にまずはこちらをご覧ください。

セラミックにするメリット

当院の審美治療では、おもにセラミックを用いています。セラミックは天然歯と同様の色調や硬度を持つ歯科素材。セラミック治療により、理想的な口元を手に入れることができます。

枠

メリット1	歯を白く美しくできる

銀色の詰め物・被せ物を白いセラミックに交換することで、白く自然な歯になります。治療したことがわからないほど、きれいな口元が手に入ります。

メリット2	歯ぐきの変色がない

金属を使った銀歯は、経年劣化などによって金属イオンとなって溶け出し、歯ぐきに着色することで変色を引き起こすおそれがあります。セラミックは金属不使用ですので、こういった心配がありません。

メリット3	金属アレルギーの心配がない

銀歯は金属アレルギーを引き起こすことがありますが、セラミックは金属を含まないため、金属アレルギーの心配がある方にも安心してご利用いただけます。

メリット4 虫歯の再発が少ない

セラミックは性質上プラーク(歯垢)がつきくいということがあります。そのため、虫歯の再発も少なく詰め物も長持ちします。
逆にゴールド(金属は)プラークを引き寄せる性質を持っています。

枠下

メタルフリーをご存知ですか?

メタルフリーイメージ画像

昨今、世界的にお口の中の金属をなくし、お口の中に金属を使わない「メタルフリー歯科治療」の流れは加速の傾向にあります。金属は、金属アレルギーや身体に与える悪影響を与えることがあるのです。ドイツなどの医療先進国では、パラジウムが身体に与える悪影響を考慮して、保健省が歯科業界に対して「パラジウムフリー」の金属を使うことを強く推奨しております。日本の歯科治療において保険診療で認められている銀歯(12%金銀パラジウム合金)がいまだ主流であることが現実ですが、徐々に増加傾向にあります。

銀歯(保険)とセラミック(自費)の違い

  銀歯(保険) セラミック(自費)
費用 保険適用で安価 高額
審美性 見た目にあまりよくありません 天然歯と比較しても遜色ないばかりか、それ以上に美しく、自然で美しい口元が実現します
耐久性 通常の機能として問題ないレベルでの耐久性がありますが、経年劣化します 金属と同等の耐久性を持ちます。また、汚れが付きにくいため、より健康的な口腔内環境を実現できます

取り扱い補綴物

オールセラミック(e-max)
【概要】ニケイ酸リチウムガラスセラミックという素材でできている
オールセラミック(e-max)
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • 透明感があり、見た目に美しい
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 硬く丈夫で耐久性が高い
  • 細菌の付着が少ないため、虫歯になりにくい
  • 歯質との結合がよく虫歯菌の侵入リスクが低い
  • 金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

  • 通常のセラミックと比較して、細かな色調調整が難しい

【金額】75,000円~(税抜)

オールセラミック(ジルコニア)
【概要】「人工ダイヤモンド」としても使われ、酸化ジルコニウムでできている
オールセラミック(ジルコニア)
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • お口の中のどの歯にも使用できる
  • 1本の歯でも多数歯でも対応可能
  • 透明感があり、見た目に美しい
  • 強度があり耐久性も高く、割れにくい
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 細菌の付着が少ないため、虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

  • 調整や修理に時間がかかりがち
  • 歯を削る量が多くなってしまう
  • 色調はオールセラミックと比較すると少し劣る

【金額】120,000円(税抜)

矢印

①はジルコニアセラミックのフレーム(枠組み)にポーセレン(粉末陶材)を焼き付けたタイプです。見た目が奇麗で、主に前歯部などに使用します。

②は全てジルコニアセラミックで製作され、非常に高い強度を有します。
主に臼歯部などのより大きな力が加わる部位に使用します。

メタルボンド
【概要】冠の内側が金属製で表面にセラミックを焼き付けた被せ物
メタルボンド
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • セラミックの美しさと金属の強度が得られる
  • 割れにくく、お口の中のどの歯にも使用できる
  • 貴金属を使用すればアレルギーの心配は低減できる

【デメリット】

  • 金属イオンの溶け出しが起こる場合がある
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 内側が金属のため透明感で他の素材より劣る
  • 歯の裏側には金属が見える

【金額】100,000円(税抜)

セレックインレー・クラウン(長石系ガラスセラミック)
【概要】規格生産された均一素材の高強度なガラスセラミック
セレックインレー・クラウン(長石系ガラスセラミック)
見た目
耐久性

【メリット】

  • より天然歯に近づいた、審美的質感を得られる
  • 優れた耐久性
  • 安心・安全、身体にやさしいセラミックを使用
  • 通院1日・最短1時間での治療も可能
  • コンピュータによる精度の高い修復物をつくれる

【デメリット】

  • まれに割れてしまうこともある
  • 色の種類が少なく歯と色調が合わせにくいこともある

【金額】28,000円~65,000円(税抜)

ポーセレンラミネートベニア
【概要】薄い板状のセラミックを歯の表面に貼り付ける方法
ポーセレンラミネートベニア
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • 色だけでなく、形も短期間で修正可能
  • 変色しにくい
  • 削る量が少ないので痛くない

【デメリット】

  • 自分の歯を削らなくてはならない
  • 使ううちに貼り付けたところが割れたりすることがある

【金額】

  • 80,000円(税抜)
ファイバーコア
【概要】被せ物の芯。支柱にガラス繊維強化樹脂(FRC)を使用している
ファイバーコア
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • 天然歯の象牙質に近い弾性がある
  • 歯が割れる可能性が低くなる
  • 透明感のある被せ物をつけても目立たない
  • 再治療時の除去が比較的簡単にできる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 感染歯質を削った後、その場で直接作製する為、歯質への細菌感染を再度起こさせないことが最大のメリットになります。

【デメリット】

  • 歯の状態によって、使用不可能なケースがある
メタルコア
【概要】被せ物の芯。支柱に金属(メタル)を使用している
メタルコア
見た目 
耐久性 

【メリット】

  • ほとんどの症例で使用可能
  • 最も一般的なので、多くの実績がある
  • 保険適応

【デメリット】

  • 硬く弾性がないため、歯根が薄い場合などに破折するリスクが高まる
  • 再度歯内療法が必要な場合に、除去が困難
  • オールセラミックを被せる場合には、中の金属の色が透けてしまうことがある
  • 金属イオンが溶け出し、歯が黒くなったり、歯肉が暗い色になることもある
  • 金属アレルギーの原因となることがある

保険適応外の歯に優しい芯~ファイバーコア~

歯には、食事のときや睡眠中の歯ぎしりやくいしばりなど、毎日いろいろな方向から強い力がかかっています。そのため、歯の芯(コア)は直接は見えない部分ですが、建築の基礎と一緒でとても重要なものです。どのような素材のコアを選択するかによって、その歯に将来起きるかも知れないトラブルの発生率や歯の寿命が変わります。

そこで、おすすめしているのがファイバーコアです。硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーコアをレジンセメントで接着させることで、歯が受け止める応力を分散して歯根破折などのリスクを軽減すことが可能です。当院では歯のコアにはファイバーコアが最良であり、歯を長期的に守ることにつながると考え推奨しております。

特徴
  • 硬さや弾性が歯とほぼ同じため、歯が割れるリスクが低い
  • 強度があり耐久性がある
  • 光の透過性があり歯に似た白さのため、歯や歯肉が暗くならない
  • 金属イオンの溶け出しによる歯や歯肉の変色、金属アレルギーなどの心配がない
  • 口腔内で直接製作するため、歯を削る量が少ない
  • 再度歯内療法が必要になった場合も除去が容易

Pagetop

医療費控除やデンタルローンに関してはこちらからご覧ください

歯の黄ばみを白くしませんか?~ホワイトニング~