歯を削らずに白くできます

歯の黄ばみが気になるようでしたら、ホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングとは、歯を削らずに薬剤を使って歯を白くする方法です。芸能人やモデルなど見た目に気を遣う職業の方などが多く受けており、最近では一般の方にも浸透し、結婚式や就職活動など、ここぞというときに向けてホワイトニングを希望される方も少なくありません。歯の黄ばみでお悩みでしたら、まずはお気軽に当院へご相談ください。

素早く歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」

歯科医院で行うホワイトニングです。比較的高濃度の薬剤を歯の表面に塗り、特殊な光を当てることで歯の色素を分解し、歯を白くします。

メリット デメリット
  • 1回の施術で効果が得られる
  • 専門家にすべておまかせできる
  • 歯のクリーニングを受けてから施術できる
  • 薬剤が高濃度のため刺激が強い
  • 色の後戻りが早い
  • 一度の施術に比較的時間がかかる
  • 光が当てられない奥歯は白くできない

自分のペースで白くする「ホームホワイトニング」

ご自宅でご自分の好きな時間に取り組めるホワイトニングです。専用のマウスピースを歯科医院で作製し、取り扱い方法を教わった後は、ご自分の好きなときに施術が行えます。

メリット デメリット
  • 薬剤が比較的低濃度で刺激が少ない
  • 色の後戻りが起こりにくく長持ちする
  • 通院回数が少なくすむ
  • 好きな時間に自分のペースでできる
  • 奥歯も白くすることが可能
  • 効果が出るまで数週間、毎日続ける必要がある
  • 色調の調整が難しい
  • 施術前の丹念な歯のお手入れを自分でしないといけない
  • 手間がかかる

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングをご希望の方は、次の点にご注意ください。

【施術前】

  • 補綴物(詰め物・被せ物・差し歯)は白くなりません
  • 妊娠中・授乳中の方、18歳未満の方には施術をおすすめできません
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルを治療してからでないと施術できません
  • 抗生物質などのお薬によって変色した歯は白くなりません
  • 神経のない歯は白くなりません
  • 効果の出方には個人差があります

【施術中】

  • (ホーム・オフィス共通)
  • 施術中・施術直後は歯が着色しやすくなっているため、色の濃い食べもの・飲みもの、喫煙はお控えください
  • (オフィスホワイトニング)
  • 薬剤の刺激が強いため知覚過敏の症状が出ることがあります
  • (ホームホワイトニング)
  • 歯科医師の指示通り、適切に薬剤を保管・使用してください
  • マウスピース装着中は飲食・喫煙ができません
  • ホワイトニング前にはしっかり歯の清掃を行う必要があります

【施術後】

  • 施術後は白さを長く維持するために定期的なメインテナンスが必要です

ホワイトニングの症例

※クリックすると画像が拡大します。

歯だけでなく歯ぐきの色もきれいにできます

歯だけではなく歯ぐきの黒ずみを取ることもできます。歯ぐきはメラニン色素の沈着などにより、黒味がかったりすることがあります。これを元通りのきれいなピンク色に戻すのが歯肉漂泊(ガムピーリング・ガムブリーチ)です。
治療方法は薬液で歯ぐきのメラニン色素を取り除きます。
原因はさまざまですが、一番多いのは、歯の変色と同じで、喫煙や色素の強いものを食べたり飲んだりすることによって徐々に黒くなってきます。また加齢や、歯にかぶせている冠の金属の色が透けることもあります。

症例①

※クリックすると画像が拡大します。

症例②

※クリックすると画像が拡大します。

Pagetop

気になる銀歯を解消しましょう~審美歯科~