残念ながら歯を失ってしまった方へ

いつまでも自分の天然歯で咬める生活が理想的ですが、事故や病気によって歯を失ってしまうことがあります。歯を失ってしまうと、さまざまなトラブルを招きやすいために、歯の機能回復を図る補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。

一般に知られている治療法には、入れ歯がありますが、比較的新しく、画期的な治療効果が期待できるのがインプラント治療です。

インプラントは顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に美しい人工歯を装着する治療法。1本からの治療が可能で、天然歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりとなります。また、インプラントがしっかり顎の骨と結合するため、しっかり咬める力がよみがえると近年注目を集めています。

インプラント治療を行う前に知って欲しいこと

インプラントは、単に失った歯の代わりに植立すればよいというものではありません。健全な咀嚼機能回復をさせて初めてインプラント治療を行った意味があります。そのためには、インプラント上部構造(被せ物の人工の歯)に加わる力の方向(長軸方向)に、できる限り正確にインプラントが埋入されなければいけません。


また、骨が健康であれば思うよりも簡単にできますが、もし歯周病などで歯を失って、理想的なインプラント埋入位置に骨がない場合は、まずは骨を再生する治療を行い、しっかりと土台になる骨をつくり、丈夫で炎症を起こしにくい歯肉へと改善する必要があります。まずはインプラント治療計画を立てる前に、インプラント治療が問題なく行える口腔内環境を整えなければいけないのです。


一方で、骨や歯肉の再生治療は高度な技術が要求される場合が多く、手術の侵襲の大きさや偶発症(歯肉が壊死するなど)の発生リスクも高まります。それに伴い、手術回数も多くなるなどのデメリットも出てきます。できる限り最小限の侵襲で、最大の効果を得ることが大切だと常に考えております。

現在は、マテリアル(素材)などの発展により、土台を整えるためのさまざまな治療オプションがあります。 例えば、人工歯肉(ピンクセラミック)の応用や骨の高さがない場合に、ショートインプラント(短いインプラント)や傾斜埋入(CTの普及により、骨のあるところに傾けて正確に埋入できる)行うなどの術式も信用性の高いものになってきました。快適さ、予知性、期間、費用など、何を優先させるかで治療計画は変わってきます。

しかしながら、隣の歯に根尖病変があったり、歯周病があったり、咬み合わせがズレていたりなど、お口の中の状況は一人として同じではありません。欠損部位だけに注目するのではなく、全体の咬み合わせ、周囲の歯の状態などもしっかり考慮して、インプラントの機能を最大限に生かせる口腔内環境に改善しておくことが大切です。

インプラントは歯科治療の最終手段であり、適切に行えば素晴らしい治療法です。
長持ちせるためには、インプラント周囲炎等を防ぐ為に、定期的に管理(メンテナンス)にお越し頂くが重要となります。

こういった方にはインプラントがおすすめです

入れ歯でうまく咬めない・うまく発音ができない・吐き気がする

入れ歯はもっとも一般的な治療法ですが、お口に合っていないと咬む力が十分に発揮できません。また、発音がしにくい、嘔吐反射が強く入れ歯が長時間使い続けられないという方にもインプラントはおすすめです。

入れ歯がすぐに合わなくなって何度もつくり直している

入れ歯を使用していると、歯ぐきや顎の骨が痩せてくるため、お口に合わなくなってくることがあります。装着時に痛みや違和感があったり、外れやすくなったり、ズレてお口の中に傷ができてしまうことも。そうなると、お口の変化に合わせて入れ歯をつくり直す必要が出てきます。しかし、インプラントなら咬む力がしっかり顎の骨に伝わるため痩せにくく、つくり直す必要はありません。

入れ歯のお手入れが面倒

毎日入れ歯を取り外してお手入れすることを、面倒に感じる方も少なくありません。インプラントは、他の天然歯と同じようにブラッシングなどのケアを行うことで健全に維持できます。

健康な歯に負担をかけたくない

入れ歯治療の際には周囲の健康な歯を支えとするために、歯への負担は少なくありません。インプラントは残っている健康な歯への負担がかからない治療法です。

インプラントのメリット・デメリット

これまでの治療法にはない多くのメリットがあるため注目され、治療を希望される方が多いインプラントですが、決して万能な治療法ではありません。デメリットもありますので、ご自身に合うかどうかしっかりと理解し、納得のうえで治療を検討しましょう。

インプラントのメリット (1)天然歯のように硬いものもしっかり咬める
(2)見た目に美しく治療したことがわからないほど自然
(3)顎の骨と結合して独立するため、異物感がない
(4)食事や会話などがスムーズに行える
(5)治療時・使用時に周囲の歯へ負担がない
(6)しっかりメインテナンスできれば数十年と長持ちさせられる
(7)咬む刺激が直接伝わるため、顎の骨が痩せにくい
インプラントのデメリット (1)顎の骨にインプラントを埋入させるため外科手術が必要
(2)健康保険が適用できないため自費となり、治療費が高額
(3)治療期間が長い
(4)歯根膜(クッション)がないため強く咬むとインプラント自体を傷めてしまうことがある
(5)継続してメインテナンスを受ける必要がある

インプラント治療の流れ(上顎臼歯部)

①上顎左右臼歯部の欠損している状態です。 ②理想的な位置にワックスで歯の形態をつくります。
③それをもとにしてCT撮影用のテンプレートを製作します。 ④CT撮影後に、インプラント埋入位置の正確なシュミレーションをします。
⑤難易度が高いケースでは模型にして解剖学的な形態を精査することもあります。 ⑥インプラント埋入後3~6ヶ月待って、インプラントの頭出し(2次手術)を行い、仮歯を装着します。
⑦歯肉の治りを1~2ヶ月待って、アバットメント(土台となる連結部)の型取りをします。 ⑧精密印象採得をした内面です。
⑨インプラント上部構(被せ物)の咬み合わせを取ります。 ⑩アバットメントを装着します。
⑪被せ物(メタルセラミッククラウン)の適合と再度、精密な咬み合わせを取ります。 ⑫セラミックの素焼きの段階で歯の形態や細かい咬合接触などのチェックをします。
⑬完成した、インプラント上部構造(メタルセラミッククラウン)です。 ⑭上部構造を装着し、治療終了。今後はメインテナンスへ。
⑮就寝時にご使用いただくスプリント(マウスピース)です。  
 

インプラント治療の流れ(上顎前歯部多数歯)

①最初の状態です。 ②ワックスで作製した歯と歯肉。患者様に最終ゴールのイメージを見ていただきます。
③ワックスをCT撮影用のステントに置き換えます。 ④CT撮影を行い、インプラント埋入位置のシュミレーションを行います。
⑤骨造成が必要な場合はチタンメッシュなどを使用します。インプラントが適切な位置に埋入できるようにステントを作製。 ⑥インプラント埋入後、約半年。土台(アバットメント)の型取りをします。
⑦土台(アバットメント)を装着します。 ⑧被せ物の金属フレームのロウ着と適合の確認
⑨被せ物のセラミック(メタルボンド) です。 ⑩土台の上に、セラミックを装着します。
⑪骨造成・丈夫な歯肉をつくっていますので、インプラントの予知性は高いです。
 

解決したい!インプラントのなぜ?

インプラントは比較的新しい画期的な治療法であるため希望される方が多い一方、外科手術が必要となるため、さまざまな疑問・質問も寄せられます。ここでは、当院でのインプラント治療についてお答えします。

Q.インプラント治療での医療ミスのニュースを見ました。本当に安全なんですか?

安全なインプラント治療を行うためには、徹底した衛生管理、適切な診断、信頼性の高い素材や設備の導入が必要です。当院では衛生管理の徹底はもちろんのこと、患者様の身体の安全を第一に考え、精密検査から慎重にシミュレーションを行ってから治療を行います。素材や治療法、症例についての研究会・研修へも積極的に参加し、研鑽を重ねています。これまでに豊富な実績がありますので、安心しておまかせください。

Q.金属を埋め込んで拒絶反応が出たりしませんか?

インプラント治療に用いられる人工歯根は、生体親和性の高いチタン製です。この金属は、歯科のみならず医療現場で幅広く使われているものです。人工関節やペースメーカーなど体内に埋め込む人工物として用いられています。大変安全な金属であり、拒絶反応などの心配はありませんのでご安心ください。

Q.歯科医院ごとにインプラントの治療費が違うのはどうしてですか?

インプラントは保険が適用されない自費診療です。そのため、歯科医院ごとに採用するインプラントシステムや設備投資などにより、さまざまな価格設定がなされています。患者様にとって費用は医院選びの大きな基準となると思います。しかし、治療費のみを判断基準とされることなく、歯科医院の治療実績などさまざまな観点から歯科医院をお選びになることをおすすめします。

Q.顎の骨量不足でインプラントができないといわれたのですが……。

実際に検査してみないことにははっきりと申し上げられませんが、骨量不足によって治療が難しいケースもあります。しかし、顎の骨の再生を促す治療によって、インプラント治療が可能になることもあります。まずは当院へご相談ください。

インプラントの治療例紹介

前歯を失ったケース

右上前歯が歯根破折を起こしていました。笑ったときに歯ぐきが多く見える口元のため、歯肉の色調も気にされていました(歯の土台金属による影響)。できれば右上の側切歯を削り、ブリッジにしたくないとのご希望でしたので、インプラント治療を選択されました。抜歯と同時にインプラントを埋め込みましたので、手術は1回ですみました(歯肉の改善を目的に、歯肉移植も同時に行っております。)

※クリックすると画像が拡大します。

下顎小臼歯部のケース

左下小臼歯に2本のインプラント治療を行いました。大きな根尖病変で歯を失ったために、骨が薄くなっていましたので、同時に骨の再生治療もしています。インプラント治療は、周囲の歯の状態も改善しなければいけない場合が多いです。犬歯とインプラントの上部構造にはジルコニア アバットメント(土台)、ジルコニアオールセラミッククラウン(被せ物)を使用し、咬合の負担が大きい大臼歯には耐久性に優れたe-maxプレスというセラミックを使用しております。

※クリックすると画像が拡大します。

上顎臼歯部のケース

重度に進行した歯周病のため、上顎臼歯部の抜歯を行いました。期間がかかっても確実な方法を希望されましたので、歯周病治療後、インプラント埋入と同時に骨を再生させる治療(GBR)を行いました。インプラントの頭出し(2次手術)と同時に歯肉移植をし、厚く丈夫な歯肉へと改善されました(歯周形成外科)。周囲の歯の整備も行い、今後、問題が発生にくい環境に整えられました。

※クリックすると画像が拡大します。

人工歯肉形態(ピンクセラミック)で顎堤歯肉を回復したケース

歯根破折を起こしておりましたので抜歯を行いました。骨と歯肉は大きく陥凹し、骨の再生治療と歯肉移植を行い、インプラント治療を施しましたが、回復しきれず、歯の大きさを揃えるために、インプラント上部構造にセラミックの歯肉を付けました。このようなピンクセラミックは、難しいインプラント治療が予測される場合など、計画段階で審美性の改善や手術回数・負担を減らすなどの目的で応用することがあります。

※クリックすると画像が拡大します。

インプラントを利用したブリッジのケース

上顎の総入れ歯になじめないということで、固定式のインプラントを希望されました。下顎はご自身の歯で、上顎は総義歯の場合、義歯を安定させるのは難しいことが多いです。インプラントブリッジの場合、骨の状態や咬合力なども影響しますが、通常4本~8本のインプラント体の埋入が必要になります。手術したその日のうちに仮歯まで入り機能回復もさせられます。義歯の着脱やプレートのわずらわしさから解放されますので、非常に満足度の高い治療法です。

※クリックすると画像が拡大します。

インプラントを利用した部分床義歯のケース

インプラントと部分床金属義歯を組み合わせた、インプラントデンチャ―といわれる治療法です。効果的にインプラントを組み込むことにより、少ない本数で、入れ歯の維持・安定・沈下防止の役割を果たします。

※クリックすると画像が拡大します。

インプラントを利用した総入れ歯のケース

インプラント オーバーデンチャ―(ロケーター装置)といわれるもので、総入れ歯が安定しない場合や形態を小さくしたい際などに、通常2~4本のインプラントを組み込むことにより、入れ歯の安定を図ることができます。インプラントブリッジと比較すると非常に経済的で、自分自身で着脱することができますので、お手入れが行いやすいです。

※クリックすると画像が拡大します。

Pagetop

医療費控除やデンタルローンに関してはこちらからご覧ください

合わない入れ歯で我慢しないでください~義歯~