白い歯を入れる前に知っておいていただきたいこと

WHY ATTITUDE

当院では常日頃より、セラミックを詰める、被せるなどの自費診療を行った部位に問題や 再治療の必要性が生じた場合は、責任を持って誠実な対応をすることを心がけております。それゆえに、後になって問題が起こりにくいように、正確な診査・診断・科学的根拠のもと、 正確で丁寧な治療を心がけ、審美性、機能性の回復はもちろんのこと、治療した歯が長持ちするように考えて治療を行っております。

まずは土台から治さなければ意味がありません

歯の土台づくりは、家を建てるときの地盤の強化と同じようなもの。どんなに建物が素晴らしくても、ゆるい地盤の上に建てると何かあったときに崩れてしまう危険性があるように、どんなに上質の被せ物をつけても、土台がしっかりしていないとすぐにダメになってしまうのです。

歯の治療では土台づくりをしっかりしておかなくてはなりません。歯科治療で被せ物を装着する際には、歯の内部に芯(コア)を入れてしっかりした土台をつくります。この土台づくりをきちんと行うことで、きれいな被せ物が長い間維持できるのです。

審美歯科治療を行う際には土台となる基礎の治療が重要になります。

歯の土台の作製

【グラスファイバーコア】

保険の硬質レジン前装冠とメタルセラミッククラウンが装着されておりました。 被せ物の土台には金属の土台(メタルポスト)が使用されておりました。被せ物の変色と左右非対称な形態、中の金属色が透けて歯肉も黒ずんで見えます。被せ物と金属の土台(メタルコア)を外し、再根管治療、歯肉のレベルも可能な限り揃えてからファイバーポストを築盛し、オールセラミッククラウンを装着。土台と被せ物に金属を使用していませんので、明るく健康的な歯ぐきに改善されました。



※クリックすると画像が拡大します。

根の治療

【歯内療法①】

歯の色が変色しています。レントゲンを撮影すると、歯根先端周囲に黒い像(根尖病変)が見られます。おもに虫歯などの穴から神経が細菌感染を起こし、歯髄炎となりさらに感染が根尖部まで進展すると生体の免疫応答により発症します。基本的な治療は感染根管内の細菌などの起炎物質を取り除き、極力無菌化した状態で根尖部を封鎖することです(歯内療法)。
その後、歯の土台を作りクラウンを被せます。

※クリックすると画像が拡大します。

歯内療法②

下顎の奥歯に大きな根尖病変(根の周りの黒い部分)がありました。感染根管治療(歯内療法)を行い、骨の再生が認められましたので、ファイバーコアを築盛した後、耐性が高いオールセラミッククラウン(e-max)を装着しました。

※クリックすると画像が拡大します。

歯ぐきの治療

【特異的な色調の歯と薄い歯肉への対応】

前歯4本に保険の硬質レジン前装鋳造冠が被さり、不自然な形と色調を気にされておりました。歯肉が薄いタイプのため、被せ物内面の金属が歯肉に影をつくり暗い感じになっています。オールセラミッククラウンを装着。ご希望により、他の天然歯との色調を合わせ、形態も唇との調和を考慮した結果、歯肉も明るくなり、美しく、自然感のある口元へと改善されました。

※クリックすると画像が拡大します。

【歯周形成外科治療】

前歯4本の色調を気にされておりました。再根管治療を隙間がないようにやり直し、左上の前歯は中で虫歯の進行が深く抜歯を行いました。抜歯したところの歯肉が痩せて歯が長くなってしまうと、見た目が悪い、汚れが溜まりやすい、磨きにくいなどの問題が起こります。抜歯と同時に骨・歯肉移植(歯周形成外科治療)を行い、顎堤歯肉の幅・高さを温存。審美的・予防的な配慮を考えたうえで、オールセラミックブリッジを装着しました。

※クリックすると画像が拡大します。

【歯肉の漂白】

前歯3本の再根管治療を正確に行い、仮歯を装着。その後、歯肉のメラニン色素を薬液で取り除いてから、周りの天然歯に色調を合わせたオールセラミッククラウンを装着しました。

※クリックすると画像が拡大します。

深い虫歯の治療

【矯正的挺出①】

前歯に保険の硬質レジン前装冠が装着され動いていました。歯の長さも左右非対称です。外してみると虫歯が進行し、歯は薄くなっていました。このように虫歯が歯肉の中まで深い場合は、歯根を引っ張り出して(矯正的挺出)健全な歯質を歯肉の上まで引き上げます。最小の歯周外科処置を行い、歯肉と骨の調和を回復した後、ファイバーコアを築製します。この間、天然歯のホワイトニングも行っています。左右対称的で歯肉に調和した形態のオールセラミッククラウンを装着しました。

※クリックすると画像が拡大します。

【矯正的挺出②】

前歯3本の審美障害を訴えられておりました。矯正治療はしたくないとのことで、内に倒れこんだ側切歯を抜歯し、中切歯は薄く虫歯が進行していましたので、矯正的挺出により歯根を引き上げました。その後、歯肉と骨の調和を図るために、抜歯により陥凹した歯肉に歯周外科処置を行い回復しました。 その後ファイバーコアを築盛し、オールセラミックブリッジを装着。見た目のバランスも改善し、患者様にもご満足いただけました。

※クリックすると画像が拡大します。

【歯周外科治療】

下顎の前歯すべての歯に再根管治療を行い、深い虫歯への対応として、歯周形成外科治療を施術、その後グラスファイバーコアを築盛して、ジルコニアオールセラミッククラウンを装着。(真ん中写真の歯の周りが黒いのは、型取り前に行う、歯肉排除するコードを巻いているためです。

※クリックすると画像が拡大します。

【歯周形成外科治療】

下顎奥歯の深い虫歯のケースです。根管治療を行い、上顎から歯肉移植(FGG)をして、炎症を起こしにくい、硬く丈夫な歯肉へと改善しました。その後、ファイバーコア築盛し、オールセラミッククラウンとゴールドクラウンを装着しました。

※クリックすると画像が拡大します。

咬み合わせの治療(矯正治療、咬合再構成治療、ナイトガードなど)

上顎の臼歯部が欠損していましたので、前歯での噛み癖があり下顎が前方にずれ、噛み合わせの高さも低くなっておりました。奥歯のインプラント治療をおこなったことにより、噛み合わせが安定し、審美性の改善と共に機能回復が図れました。オールセラミッククラウンの色調は患者様のご要望にお応えしました。

※クリックすると画像が拡大します。

悪いところは元から治しましょう

歯の耐久性で問題となるのは、歯の内部に立てる芯だけではありません。その他にも、歯ぐきや歯を支える顎の骨の病気である歯周病によって、お口の健康が損なわれていることも挙げられます。

歯周病は重度になると、周辺組織が歯を支えきれなくなり抜け落ちてしまいます。せっかく上質な被せ物をしっかりした芯に被せても、それを支える土台が病気であればすぐにダメになってしまうのです。当院では、歯周病の予防に常に配慮した治療を行っています。

詰め物・被せ物は機能性が重要です!

詰め物・被せ物をつくるとき、高品質な素材を用いれば見た目の自然な補綴物ができ上がります。しかし、補綴物は歯の自然な見た目を回復するだけではなく、歯が持つ機能を十分に発揮できるものでなければ意味がありません。当院の審美歯科では、機能面を充実させることを第一に考え、健康的で“本来の意味での歯の美しさ”の実現を目指した治療を行っています。

Pagetop

成人の約8割が歯周病です~歯周病~